データ復旧は時間との勝負だが成功の確率は高い

復旧の仕組み

多くの人が仕事や趣味などで用いているパソコンは決して安い情報通信機器ではありませんが、それでも壊れてしまってもまた修理を頼んだり、新しく買い直すことで元の環境に戻せます。
しかし、その中のストレージのデータは一度消えると二度と戻ってきません。
そのためデータの保護はある意味、パソコンよりも重要です。
データを保護しつ修理をできる業者は非常に重宝されています。
そのデータ保護と修理が同時に行えるのがパソコン修理会社です。
これらの会社では大切な顧客のデータを守るための技術と機器も備えています。
例えばHDDやSSDのようなストレージを交換するときにも、データの確実なバックアップの後に行ってくれます。
またストレージが破損や水損をした場合でもデータを復旧してもらうことも可能です。

物理的に、あるいは論理的な故障によって不調や動かなくなったパソコンを修復してくれるのがパソコン修理会社ですが、それ以外にもデータのトラブルにも対応できるのがこれらの会社の特徴です。
例えばOSの再インストールをすると、OSが含まれているドライブディスクは全てのデータが消えてしまいます。
しかしそのような場合でもデータバックアップをしつつ再インストール作業をこれらの会社では行ってくれます。
さらにHDDなどが破損したり、基板故障で動かなくなった場合でもそのHDDなどからデータを取り出すことができるサービスも提供しています。
他にもユーザーの依頼に応じて定期バックアップを行えるための環境設定を行うサービスや、古いビデオテープの映像をメディアへバックアップしてくれるサービスなどもパソコン修理会社では提供していることがあります。